ゆとりさとりがただひとり

”時代”っすかね

【検証】Amazonの読み放題(kindle Unlimited)は結局得なのか調べてみた

お気軽に、宜しくお願い致します。やる気、でます。

読者になる

Kindle

 
結局得なのかわからないので検証します。

 

 

今日もいい目覚めだな〜なんてNewsPicksを見ていたら、

こんな記事がありました。

japanese.engadget.com

 

「う、うおおおおおおおおおおお!!」

ライブラリは500冊を軽く超える(ほとんどが読み切れていない)くらいに

重度のKindleユーザーの筆者はめっちゃよろこんだわけです。

 

Amazon Unlimited の概要

Amazon Japanのよくある質問から抜粋。

Kindle Unlimited』は、12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書の中から好きな本を好きなだけお読みいただける、読み放題サービスです。 月額980円でいつでも好きな時にお楽しみいただけます。小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など、新しいジャンルや著者の発見がきっとあるはずです。自由で新しい読書の世界をお楽しみください。

 

とのことです。

 

ちなみに今筆者の住むインドでは

f:id:OnomimonO:20160805164036p:plain

月199Rs(ルピー)、約300円で読み放題になってました。

衝撃。

 

まあ、とはいえラインナップである本は

「मैं अब और नहीं चाहते कि करी खाने」

とまあこんな感じで、ヒンディーで書かれているので意味ないんですが。

(「もうカレーは食べたくない。」の意)

もうね、鉤括弧と文字の境界線がね、見えないよね。

 

やはり所得階層によって変わってきているあたり

本という媒体への価値が低下していることがわかりますよね。

 

 

それはさておき本筋に戻ると

「いやいやとはいえラインナップどうなのよ〜」

ってな話になると思います。

 

果たして得なのか損なのか。

コストパフォーマンスどうなのよって

 

欲しい本あんのかよ

俺の大好きな漫画はあるんですかい

ってことですよね。

 

このサービス出版社としては、

新刊として売れるうちは一冊いくらで売り、

旧作になって売れなくなったら、一山いくらの月額サービスの中でも売って、

配分を貰うというビジネスモデルでしょうから、

旬なものはないと私は見ています。

 

 

、、、、いや、”見ていました”。

 

 

事の発端〜人間のジレンマ〜

 

まあ、重度のkindleユーザーからして

当然利用しない気はないので、

Unlimited Storeを何気なく周回していると

「へ〜、、、結構人気の本もあるんだな〜」

ってなりました。

 

書籍に関してはベストセラーを含む80,000冊以上の作品を揃えているとのことで

 

筆者の崇拝する伊坂幸太朗の作品も見受けられ、少しテンションが上がってきました。

 しかしふと、

「そういえば最近本を買ったな・・・」

と。

 

そう、気づいてしまったのです。

 

 

ここから筆者の大捜索が始まりました。

先月購入した本を全て洗い出します。

 

まあこんなところです。

いかに筆者がコピーライティングの餌食となっているのか(笑)、

と言うことを再確認させられちょっと恥ずかしい話はさておいて、

こちらは先月実際に購入した本のリスト(全8冊)になります。

 

こちらを今からkindleストアの方で検索をかけていきます。

ええ、わかっていますよ。

これは、

”現在無料の本を有料で買ってしまった無能ぶりを再確認すること”

という行為以外の何物でもなく、

完全に負け戦であることを・・・・

 

しかし筆者のアンテナの低さもあるでしょうが

半ばゲリラ的に始まったこのコンテンツに気づかずに

今この瞬間も本をぽちっている人がいたら

私は汗顔の至りなのであります。

(ただ気になるだけ)

 

いざ、調査開始

まずは1冊目「レバレッジ・リーディング」

 

f:id:OnomimonO:20160805164118p:plain

 

 

いや〜!!!

安心した!!!!

 

そりゃそうよね、2006年に出てるとはいえ、

300レビューの人気タイトルですもんね(^^)

 

サクサクいきましょ〜

 

2冊目、「この国を出よ」

 

f:id:OnomimonO:20160805164135p:plain

 

うんうん、いいよね。

さすがユニクロ、さすが外コンって感じだよね、うん。(適当)

 

3冊目「食戟のソーマ 19巻」

 

f:id:OnomimonO:20160805164200p:plain

 

思わず第一席の司瑛士氏も当然でしょうと

言わんばかりの顔つきですね。

ってか本当に面白いのよこの漫画。

 

 

4冊目「一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング」

 

f:id:OnomimonO:20160805164212p:plain

 

「うわあああああああああああああ!!!

 ついにきてしまったああああああああ!!!」

 

・・・といのは半分嘘で、

これは予想していました。

この本はかなりの廉価版として発売されており、

200円以下で見事にマーケティングにやられ

感情なしにぽちってしまった本だったからです。

(※このような本の購入方法は一番理にかなっていません。気をつけましょう。)

 

 

気を取り直して5冊目「Steve Jobs (English Edition)」

 

f:id:OnomimonO:20160805164254p:plain

 

おっと、尊敬しすぎて思わずお顔の方を強調しまいました。

それでもなおこの沸々と湧き上がる自信。

「大丈夫、俺はlimited(無料では読めない)だよ。」

と優しく語りかけてくれているようです。

 

 

なあんだ〜

結局Unlimitedっていっても

やはり定番の人気タイトルは入ってないんですな〜

 

 

なんて思っていたところ、

事件は起きます。

 

 

7冊目「仕事は楽しいかね?

 

f:id:OnomimonO:20160805164410p:plain

 

「うんうん、これも結構人気タイトルだからなあ〜^^

 、、、、、、ん???」

 

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂ うわあああ

 

f:id:OnomimonO:20160805164334p:plain

 

、、、、

 

買ったの、”8月1日”って、一昨日なんですが??

Amazonさん、これどーしてくれるのよ??

なんて道理は通りません。

これは世の条理、受け入れるしかないのです。

 

この時点で二冊合わせて月額である980円を突破しているので

十分ダメージはでかいです。

 

なお、8冊目「すっきりわかる! 超訳カタカナ語」事典 PHP文庫」

 

f:id:OnomimonO:20160805164446p:plain

 

しっかりラインナップに加わっていて、

追撃をくらいました。。。

 

結果!!!!!

3/8冊!!! 

¥1,800の損失!!

故にkindle unlimitedは””である!

 

 

いや〜実際なめてましたけどね、

しっかりとした評価のある本まで入っていたのは驚きました。

見た感じ漫画はちょっとアレな感じを受けましたけど、

事実ベストセラーはたくさん入ってます。

 

今後の展望としては、このモデルで本が売れるにつれ、

通常価格での本は間違いなく売れ行きが悪くなり

否応無しにこのモデルに参加せざるをえなくなるはずです。

1種のカニバリズムですね。

 

つまり今のラインナップにない本も

いずれはラインナップされる可能性が高いはずです。

 

何より筆者も¥1800損失だしてますし、

コストパフォーマンス的には

普段本を読むという人も

またはこれをきっかけに読もうという人も、

おすすめできるサービスですね。

 

 

 
で、誰れか私の1800円を負担してくれません??
※当然こんなヒヨッコブログではAmazonアソシエイトも認可されておりません。涙目。